ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

スキンの色、春色に。そして「萌え~」

およその会社はスキンと言わずに、テンプレートと言うらしいですね。
このデザインを気に入っているので、新年度記念で色のみ変更です。

そしてこの色で、金曜夜の出来事を思い出しました。

金曜夜(3/31)にならまちにお酒を飲みに行きました。
お店オリジナルの日本酒ベースのカクテルを頼みました。
「萌える飛火野」
春鹿の超辛口と抹茶とのコラボだそうです。

運ばれてきて、見た目でちょっぴりやな予感がしました。
「‥これ青汁?」
一口頂きました。
青汁が呑みたくなりました。

日本酒と抹茶ともうひとつ何かが入っています。
その第3の要素、ザ・サード・エレメントがいけません。
絶対いけません。
酸味のきつい何かです。
へんにすっぱいすっぱいすっぱいの~(泣)
そして微妙に甘く、抹茶のほろ苦さ。味の要素がすべて大喧嘩!

これがイマドキの若者が言うところの「萌え~」なのか!
だったら、ワタクシ一生「萌え」はいりまへん。

素直にいつもみたいに、ビールか日本酒にしとけばよかった。
「お洒落な雰囲気」に敗れたり。

ちなみに、お店は蔵を改装したところで、
店内の片隅にDJブースがあり、地域FMの生放送をお店から電波飛ばしてました。
(ワタクシの「う、うへえ、うあううう~」も小さなノイズで電波に乗ったはず)
この描写で地元の方はどのバーかわかっちゃいますね。たぶん。

ちなみに、オリジナルチャーハンや一品料理はとても美味しかったです。
その後の生ビールは涙が出るほどウマカッタ!

あのカクテル、レシピ間違えはったんかな?
もう一回頼んでみようかな‥。
[PR]
by kinochanoma | 2006-04-02 17:27 | 雑記
<< 楽天元年 平成18年度履修登録完了‥とい... >>