ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

ストリート

疲れて近鉄奈良駅にたどり着き、北側の出口を出る元気がありませんでした。
(身体が階段を拒否)
エスカレーターで南側の近鉄の駅ビルへ出ました。
行基さんの噴水方向へ歩き出すと、なにやら音楽が‥



この広場ではよくストリートライブをやっています。
ギターを手にした若者が座り込んで歌ってたりする‥。
休みの日だと、アンデス系バンドが「コンドルは飛んで行く」を派手にやって、
多くの人の足を止めていたりする。
(このアンデス系バンドは京橋でも難波でも見かけました。たぶん同一。)

ところが、今夜は珍しくジャズのカルテット。
編成は‥
男パーカッション
男エレキギター
男ピアニカ
女ウッドベース

オーディエンスは友人らしい数人のみ。
そこへ、よれよれのワタクシが通りかかる。
演奏していた曲が終わり、まばらな拍手が終わると即、次の曲へ。
「Over The Rainbow」
つい立ち止まって聴き入ってしまいました。
エレギが入っているとはいえ、全体的にはアコースティックで優しいサウンドが
疲れた身体にここちよく届きます。

熱烈に拍手して、ささやかなお礼のカンパをギターケースへ。
するとこれで最後という雰囲気だったのに、
「せっかくだからリクエストをどうぞ」とピアニカ君が楽譜を差し出してくれました。
ABC順に並ぶ名曲の数々‥。
でも、何を頼むかは最初から決めてました。
N,N,N,‥あったあった。

「Night and Day」
‥OK?
OK!OK!

ということで、ボサノバっぽいアレンジの「Night and Day」がはじまります。
ちゃんと途中で各プレイヤーの聴かせどころが入っていたりして、
中々の熱演。
観客も、友人らしき数人とワタクシだけだったのがいつの間にかカップルが
噴水手すりに座って聴いてます。
とても、ほんわかした気分になりました。

よれよれでエスカレーターの手すりにつかまるようにして、地上に出てきたのが
ウソみたいに元気になりました。

演奏終了後、少し話をしたのですが、
学生2人とフリーターの2人の組み合わせで、
このメンバーで演奏するのが今日がはじめてとの事。(バンド名も決まってナイ)
これからも、平日(特に水、木)はここでストリートをやってみたい‥だそうです。

うまいこと行きあわせられるかどうかはわかりませんが、
ささやかな楽しみが出来ました。
[PR]
by kinochanoma | 2006-05-25 11:42 | 音楽
<< 5月の輪 聖武天皇御遠忌慶讃行事~準備中 >>