ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

樹の皿。樹の板。

これまで「天然木の輪-てんねんぼくのりん-(長谷 新吾)」はさまざまなモノを作ってきました。
 大きな座卓。
 小さな座卓。
 椅子。
 ポストカードフレーム。
 カッティングボード。
 一輪挿し。
 など。など。

ところが「作るのはもうやめた」とのこと。

ここに「つくらない木工作家」が誕生いたしました。
木目の美しさ、杢(もく)の不思議、銘木の世界にますます魅入られ、抗えず。
気がつけばいつしか各地を探し求め歩いていました。

その魅力をいかに伝えるか。
……自然のままに。
だから「つくらない」。
あえて「つくらない」。

樹の皿。
樹の板。

皿 料理・食べ物を盛る 
板 お気に入りを飾る
何をどう盛るか、何をどう飾るか。
盛るでも飾るでもなく使うのも。
それはあなた次第。

自然の形が一番良い。
当たり前の結論が私達を待っていてくれました。

木の茶の間 輪-rin- は 天然木の輪の 樹の皿。樹の板。を取り扱ってまいります。


f0033836_21374252.jpg
〈屋久杉〉



[PR]
by kinochanoma | 2017-08-04 22:34 | 輪かつどう
<< さくら/樹の皿。樹の板。 漆革・印伝 名刺入れ 取り扱い開始 >>