ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

ポプラ/樹の皿。樹の板。

フォルムも泡のような玉杢も自然の造形のなせる業。
この「ポプラ」自身の存在感が抜群なのですが、上に何かを乗せると不思議と引き立て役になってくれます。
個性の塊のような樹の皿ですのに。

豆皿(器人器人さんお取り扱い)を乗せてみても映える。
ですが、直接何か食べるものを盛ってみてもいいかもしれません。
独りの月見としゃれこんで、アテを盛って端には冷酒のグラスなどを置いてみるのはいかがでしょうか。
ほろ酔いになったら思わず唄ってしまうかもしれません。
そんな時はやっぱり中島みゆき。
「君が涙のときには僕はポプラの枝になる~」
f0033836_20284921.jpg

[PR]
by kinochanoma | 2017-08-18 22:22 | 輪かつどう
<< 黒柿/樹の皿。樹の板。 さくら/樹の皿。樹の板。 >>