ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

お年玉

1月2日夜。

妹夫婦も実家に合流。
恒例のお年玉タイム。

さて、おもむろに甥っ子二人に宣言します。
「今年のお年玉は初心に帰って『玉』にした。
『紙』じゃないからね!残念でした。」

ウイーン金貨の一番小さいのにしました。
本当に小さい。
でも世界中で換金できます。
そして、相場は変動いたします。

目を輝かして、「どこで、手に入れたん?」というオイ達に、
「ウイーンに決まってるやんっ!」と応えると
「それはナイわ~」「デパートとかやろ?」などと、
現実的な彼ら。
大人になってる‥。
でも、凄くよろこんでもらえたみたいで、
そりゃあ、もう、大騒ぎ。

そんな大人な、特に最近クールなお兄ちゃんがぽつりと小声でヒトコト。
「これは‥これは‥10万はするな‥」

椅子からころげ落ちそうになりました。
お兄ちゃん、素敵な勘違い、ありがとう。
でも、もしそうだったら、お正月から穴の開いたセーター着てないよ‥。

キミ達の喜ぶキラキラした瞳がワタクシへのお年玉だよ。
[PR]
by kinochanoma | 2007-01-03 11:13 | 雑記
<< 書初め2007 護摩と茅の輪くぐり >>