「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

歴史地理学 3日目

f0033836_125079.jpg

今日も特弁☆
勝ちました。
美味でした。



今朝は早く登校して、まず図書館へ。
オープン時間前なのに、すでに数名開館を待っています。
『新庄町史』を読むために行きました。
まさに、昨日見た絵図の水争いに関して、『新庄町史』に野崎先生(土平先生の師匠)が
執筆されているのを博物館の資料コーナーで見つけてしまったのです。
「明日早く行って、大学図書館でコピーしようっと」
この、一見熱心そうな行為が浅はかだったことを後で思い知らされるワタクシ。
コピーした内容は、先生がパワーポイントを使って丁寧に
授業中に説明をしてくださいました。
ああ、今回、先走りばかりだなあ。

図書館で昨夏「輪」へ来て下さった方に声をかけてくださいました。
ハハ丸の高校の後輩にあたる神奈川の女性です。
思いがけずお目にかかれてうれしかったです。

さて、配布された資料を見て、驚きました。
そして、‥やはり歴史学ではなく地理学なんだ!!
(あたりまえや!!)
というのは、文書(もんじょ)が横書きで紹介されていたからです。
読みやすい‥と思ってしまったという事自体がワタクシの勉強不足の露呈でございますね。

絵図はその水争いの文書の添付資料だったという種明かしなんです。
絵図が描かれた目的、主眼を考えなければというお話。
目的、主眼が表現に現れる←この点次のスク(絵巻物)に活かそうね、丸さん!

さて、こうなると近世史をやろうかなと思っているワタクシ。
絵図もそうだが文書もおもろい!
「今井役所」だけでは収まらなかったこの水争い‥。
「奉行所」にも文書を送っております。
さて、これはどこの「奉行所」なんでしょうか。
これは講義中には、触れられなかったので、
後で質問いたしました。
先生曰く
「奈良か京都か‥この時はもちろん奈良奉行所は開設していましたが、
規模が小さかったため、いろいろな争いごとが京都へももちこまれていたのです。
京都ではないかと思っているのですが、もちろん奈良の可能性も否定出来ません。」
なるほど~。
わかっていないのですね。
役所の方は「今井役所」と特定出来る名前が入っているのに
奉行所様となっているのはわざとなのでしょうか?
「ああ、それなあ、どっちゃへまわされるかどたんばまでわからんよって、
奈良やとか京都とか書かんと、とりあえず奉行所様と書いとき‥」ってな事?
それとも奉行所様が当時の慣習?
他の文書をあたってみたいところであります。
それにしても、どっちの奉行所に持ち込まれたんだろう、この水争い。

さて、楽しかったスクーリングも終わりに近づいています。
最後の最後にテストが‥。

テストは定番の80あれば御の字な出来。
理由は時間配分を間違ったから。

ああ、振り返れば振り返るほど恥ずかしい。
面白い授業だと割合高得点(って85ですが)をもらえたりするんだけど、
振り返るとやっぱり、80は無理だなあ~。
面白さ、興味深さはビカイチだったのに、
点数がリンクしないのがもどかしい。
先生点数悪くてもしっかり聞いていましたからね。
テスト中うれしがってシューシュー線を引きまくって(謎)たら
時間が足りなくなっちゃったんデス。

それと第1日にこんな課題がありました。
戦後すぐに米軍が撮影した航空写真と、
現在の地形図をみくらべて撮影範囲を地形図上に特定せよというもの。
第1日に回収され、最終日に返却されました。
裏に学籍番号と氏名を記入するのですが、
生来のお調子者であるワタクシ、ちょろりとその地域の思い出のようなものを
コメント記入したのです。
すると先生からもコメント頂戴(しかもワタクシより長文)してしまいました。
もちろんワタクシだけじゃないですよ、先生コメントにはコメントしてますとおっしゃってましたから。

もう、点数悪くてもいいのだ。
コメントと思い出が宝物。
目指せ奈良の新人おばはんバスガイド!
[PR]
by kinochanoma | 2007-08-12 23:59
<< 歴史地理学スクレポ編集完了 歴史地理学 2日目 オプショナ... >>