ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

2007年 08月 29日 ( 4 )

生駒静養院10日目/昼~退院

f0033836_16373964.jpg

このカニモドキとお豆腐とねぎのあんかけ。
間違いなくいっち番おいしゅうございました。
隠し持っていた白い粉(solt)の助けも借りて、極上のお昼ご飯は
あっという間に‥いえいえちゃんとモグモグしていただきました。

先生。
スタッフのKさん。
厨房やらお掃除のご担当の皆さん。
そして大先生。
本当にありがとうございました。

日常と切り離された10日間。
意外と空腹や食欲とは戦いませんでした。
予備断食→本断食→回復食の流れに素直に乗ってしまえば‥。

食欲と戦うのは娑婆に出てからなのですね。

近々この夏の大冒険を写真たっぷりで総括いたします。
乞う、ご期待!
しばしまたれよ、皆の衆。
[PR]
by kinochanoma | 2007-08-29 16:37 | 断食

生駒静養院10日目/朝[速報]

f0033836_8405851.jpg

ありがたい…。
ゆで玉子にはたっぷりとお塩が添えられています。
これでお昼ご飯のおかずが大福でもおはぎでも大丈夫!
ティッシュにとっとコ。

それにしてもこのお麩のお味噌汁の美味しいこと!
お麩ひとつひとつをゆっくり賞味します。
お味噌汁の具は今まで、えのきが二回、もやしとお麩が各一回だったのですが、
この美味しさは言葉に出来ません。
平常時にいただいたとしても、この評価はきっと変わらないと思います。

鰹節の振りかけも自家製のようでやさしい味。
おかゆに乗せるとお醤油がじんわり染みだし、その茶色のグラデーションに見とれます。

外は深いもやに包まれています。
出所の際のお天気が心配…。
[PR]
by kinochanoma | 2007-08-29 08:40 | 断食

生駒静養院9日目/夜

続き…

雨は降ってない!
月蝕はどうなった?
という事で外に出てみると、今までで一番美しい夜景が眼下にきらめきます。

そして月蝕。
ダークオレンジに鈍く輝く月が!
輪郭がぼやっとして夜空に溶け込んでいます。
それだけだと不吉な印象さえ受けかねない色合いなのですが、
夜景とマッチして謎めいた美しさが…。

また、ここでも遠来の方のために、
大阪がこっち京都があっちで三重があの向こうで…とにわかガイドを
おっぱじめます。

楽しく記憶に残る最終夜でした。
これから月蝕と聞くたびにこの夜の事を思い出すでしょう。
[PR]
by kinochanoma | 2007-08-29 06:47 | 断食

生駒静養院9日目/夕

f0033836_6382278.jpg

お昼残してしまいましたが、夕ご飯が来てその理由がわかりました!

ワタクシのわがままだったのです。
「甘めのおかずはご飯が進まない…」
やっぱり辛党だったんだ。
甘いのも好きなんですけどね。
特にこのさつまいもの煮物。
味の染み込み具合が絶妙…。
ほくほくして美味しいんです!
でも甘い煮豆と甘いおいもさんって~。
つ、つらいです‥。

「お母さん、おつけもんか佃煮なあい?ふりかけでもいいんだケド‥」
ハハ丸はここにはいましぇん。
とんだ甘えん坊チューネン娘です。

すごいでしょ。
本断食4日もやって、このワガママっぷり。

とにかく、身体のせいではなく、オノレの嗜好のせいだと判明し、なんとか完食。
ごちそうさまでした。

自由参加の静坐の辞という時間があるのですが、それが終わった後自然に4人残り、
ゴロゴロしながら色々な話に花が咲きました。

淡路島の断食施設のご飯が美味しくない件(今は改善されているかも)
なぜ、テレビ新しく買ったと聞くとそれは例外なくアクオスなのか…。
失業保険について。
日本の演劇概観、但し商業演劇を除く。
甲州弁について(語尾の…しろし~)
関西弁の伝播力の強さっていったい…!
バカ,アホ,タワケ考。
大和の銘酒そして入手先。こんな感じです。

…続く
[PR]
by kinochanoma | 2007-08-29 06:38 | 断食