ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

カテゴリ:音楽( 9 )

モーツアルト年

11/8 ハハのヒトコト。

  あ、おかあさんね、
  玉三郎と鼓童の公演見てきたの!
  「アマデウス」
  良かったよ~。

そりゃあなたは昔から
邦楽(含む純邦楽)にまったく興味のナイ人でした。
しかし、これほどとは思わなんだ。思わなんだ~。

ハハ上、見てきたのこれでしょ!も~
[PR]
by kinochanoma | 2006-11-06 23:09 | 音楽

TRY-TONE 10周年

セットリスト

トライトーンの久々のライブ。
ライブの後は震えが来るほど感動。
歌にハーモニーにはもちろんですが、
彼らの進化っぷりに感激。

ゆっくりレポは書きますが、
みなさま、めーちゃん氏のセットリストで
まずは、彼らのレパートリーの広さをご覧あれ!
[PR]
by kinochanoma | 2006-08-05 23:14 | 音楽

きよしと‥

こんなメールを頂戴したんよ。
ほんま、おおきにですわ。

Amazon.co.jpのお客様、
長谷川きよしのCDをお買い上げのお客様は、松山千春の作品もお求めのため、このご案内をお送りしています。 松山千春の『再生』、A 、現在好評発売中です。


‥そうなんか?
『傾向と対策』という受験参考書の書名を思い出した。通称「赤本」だったっけ?(遠い過去)

そりゃ確かにワタクシ、アマゾンで長谷川きよしのCDを購入した過去あり。
だからって、ねえ。
「ちーさま」かあ‥。
ちーさまを嫌いってワケじゃないのよ。
でも、こんな勧めかた普通するかな~?

じゃ、こんなんはどう?
長谷川きよしのCDをお買い上げのお客様は、氷川きよしの作品もお求め‥。ずん、ずんずん、ずんどこ!
長谷川きよしのCDをお買い上げのお客様は、西川きよしの作品もお求め‥。小さい事からコツコツと!
長谷川きよしのCDをお買い上げのお客様は、中条きよしの作品もお求め‥。アナタの嘘がわかるんかい?
長谷川きよしのCDをお買い上げのお客様は、はじめにきよしの作品もお求め‥。
あ、これはいいわ~。これならOK!

でも、もう、あんましアマゾンでCD買わんとこ。
「自分の履歴」はいいけど、「他人の傾向」はあんましいりまへんわ。
[PR]
by kinochanoma | 2006-06-01 00:08 | 音楽

ストリート

疲れて近鉄奈良駅にたどり着き、北側の出口を出る元気がありませんでした。
(身体が階段を拒否)
エスカレーターで南側の近鉄の駅ビルへ出ました。
行基さんの噴水方向へ歩き出すと、なにやら音楽が‥

More
[PR]
by kinochanoma | 2006-05-25 11:42 | 音楽

Toxic Audio

奈良アカペラ通信で情報を得て、気にはなっていました。
でも、仕事が忙しくて多分無理だな~とあきらめていて、
行けそうだったら当日飛び込むか‥と思っていました。

するとウチの本社(大阪市西区)から電話がかかってきました。
「トクシックオーディオってご存知ですか‥?」
その電話の彼女はワタクシのアカペラ狂ぶりをよく知っています。
「知ってるヨ~。行こうかなって迷ってるんやけど。」
「では、行って下さい。招待券を送ります。」
詳しく聞くと彼女は主催者だか共催者に知人がいて、
とにかく会場を一杯にする手伝いをしているそうです。
「本当に面白く良いグループだそうなので、客席の空白が惜しいとの事で‥」
泣かせるねえ。そんなセリフを聞くと行くっきゃないでしょう。

‥という訳で本日、Toxic Audioジャパンツアー大阪3日目(最終日)
なんばHATCHへ初めて行きました。
会社(大阪)と自宅(奈良)の乗り換え駅すぐ側で、ワタクシにとっての
ロケーションは最高!

いやあ、びっくりしました。
アカペラの表現力の多彩さに驚いているうちに終わってしまいました。
素晴らしいです。もう、まさに声のオリンピックです。
アカペラを歌う人は是非、次回、聴きに行って下さい。
自分のステージにどれだけ参考になることか‥。

ヴォイスパフォーマンスに終始するのかと思ったら、
本当に美しいハーモニーも聴く事ができました。
スキャットの枯葉やスタンダードジャズナンバー。
そしてトヨタベルタのCMでも流れている
The Water is Wide
鳥肌がたちました。
(CMは彼らの歌唱です)

また、舞台装置も秀逸で、後ろのスクリーンを効果的に使い、
曲紹介や文字情報で言葉の壁を低くする事に成功していたようです。
それにしても彼らのサービス精神は見事なものでした。
誰がオフブロードウエイで絶賛された彼らのアカペラで
「笑点のテーマ」を聴く事ができると予想したでしょうか!

まあ、ルパンに関しては関西アカペラーは耳が肥えているわけでして、
(彼らの技量に対して)あまりの簡単なアレンジにちょっと苦笑気味‥?
それでもメンバー男性3人によるルパン次元五右衛門のコスプレ披露もあり、
「ありがとう!」って感じでしょうか。

客席はどうなんでしょう。
アカペラーは多かったのか少なかったのか。
(見破る力なんぞはございませんので。)
ちなみに隣の親子連れは「切符もらって期待せずに来たけど、めちゃめちゃ良かった~」
とおっしゃってました。
(一応リサーチはしてみたの)
結構高額チケットだったので、これは大胆な学割設定をして、
学生のアカペラサークルあたりにプッシュすればよかったのに~。
なんて大きなお世話系な事を色々思わされました。

本当に楽しかったです。
次回あれば是非行きたい!

それにしても The Water is Wideは関西人の耳に届いた瞬間、
「尼崎ボート」のCMの映像が脳裏に広がります‥。
美しい映像だからよいものの。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-16 23:03 | 音楽

アンサンブル・プラネタ

行って来ました。大阪ブルーノート。

奈良アカペラ通信で情報を得て、先週電話を入れ席を確保していました。
しかし、日曜日にちょっと落ち込む出来事があり、
月曜日とてもライブにお出かけする心境ではありませんでした。
当日、キャンセルしなきゃ~と思いつつ、仕事がバタバタしてタイミングを逸し、
昼間忙しかった割には案外あっさり会社を退出できそうな状況。

‥行くっきゃないのかな~。
と、足取り重く大阪市営地下鉄四ツ橋線にゆられ、西梅田へ。

   α-STATION×OSAKA Blue Note presents「KYOTO STYLE NIGHT」

   ☆声という最高の楽器を携え、各地で賞賛を受けている
   クラシックアカペラグループ"アンサンブル・プラネタ"
   ☆1200年の歴史を誇る京都の声といえば
   この方達をおいては考えられない"茂山狂言会"
   ☆ヒーリングの女王"スーザン・オズボーン"と若きジャズピアニスト
   "木原健太郎"のユニットとの画期的コラボレーション!!
   日時 : 2006年2月6日(月) 
   1st Stage 17:30開場 18:30開演
   2ndStage 20:30開場 21:30開演
   出演者 : アンサンブル・プラネタ/茂山狂言会(茂山千三郎他)/
   スーザン・オズボーン&木原健太郎

よかったんですよ、コレが。
本当に行ってよかった。

え~アカペラに絞って感想をのべますね。
アンサンブル・プラネタのCDはほとんど持っていまして、
「輪」でBGMに流しておりました。
‥BGMとしては最高!だけどライブではどうかしら?
という先入観が実はあったのです。

ところが!ところが!
実にエモーショナルで心に届いてくる響いてくる歌心。
1曲目は客席も彼女たちも正直暖まってないな~という感想でしたが、
2曲目以降、どんどんその世界に引き込まれる。
CDで聴くよりずっとずっと情感ゆたかで実に暖かい。
ハーモニーの美しさは想像通りだったのですが、
主にリードを取られる方の歌い口の素敵さにすっかり参ってしまいました。
唯一のアルトさんもカッコイイ!
(現金なものでその後CDを聴くと彼女たちの歌う姿がよみがえり、
 グッと迫ってくるのですねこれが‥←不純?)

JAZZのライブハウス(しかも老舗で超メジャー)でクラシカルなアカペラ。
素敵な月曜日の夜になりました。

これからのスケジュールを見ると、大阪ブルーノートに今年もマンハッタントランスファーが
来るそうです。
また、行きましょうヒゲさん!
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-06 23:58 | 音楽

気分は純一郎♪

朝一番、散髪に行った。(坊ちゃん刈風なので表現はあくまで「散髪」)
一条通りに面した「パーマみよし」
ここをひいきにしてるのは、近い安いそして顔そりOK。
理容美容のダブル免許だから、顔も首もゾリゾリ剃ってもらえます。

この日はBGMはオールX JAPAN
(いつもはオール河村隆一が多いの)
こんなにたっぷりXを聴いたのははじめて。
おなかいっぱいごちそうさま。
レトロな雰囲気にナウイ曲。なかなかです。
(なかなかの理由:自分じゃ聴かない)

そういえば、ヒイキの焼鳥屋「CaShiWa」(かしわ、と読むはず)
BGMの7割がエルビス・プレスリー。
あとの2割はビートルズ。残りの1割わかんない。
必ずオーダーするのが「ねぎまの塩」「しそ巻き」
とても美味しいです。
ヒゲさんがあまり鶏をお好きでないので、ワタクシ専用のボトルあり。
ラブミーテンダー焼き鳥はし・お・が・ヨイ~♪(←あの、替え歌ですよコレ。念の為。)

カテゴリが音楽なのに、なんだかとっても「食べ物」系。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-05 23:36 | 音楽

音楽夢くらぶ

今、NHKの「音楽夢くらぶ」を観てました。
今夜の歌い手さんは、徳永英明 と 一青窈(ひととよう)。

彼女のヒットチューン「はなみずき」を二人で歌ってました。
ハーモニーの部分が絶妙。
そしてユニゾンも美しい。
全く違う声質だけど、ひととさんがハモることをよ~く知ってるからかしら。
(これって先入観?)
声が寄り添ってる‥印象でした。

徳永英明の「壊れかけのRADIO」「耀きながら」
CDを買ったりしなくても、街でしょっちゅう流れてた。
自然と憶えちゃうくらいに。
ワタクシこの頃、何してたんだっけ‥?
思い出したいような。思い出したくないような。

うわ~、来週は 来生たかお と 白鳥英美子。
この番組って作り手がワタクシと同世代?
まさにツボにはまりますね。

そうだな、この番組で観てみたい歌手ってたとえば。
(あえてアカペラをはずすと)
長谷川きよし、南佳孝、峠恵子、川江美奈子あたりでしょうか。

あ~ショック。
今、観てみたい歌手を選ぶのに番組公式サイトに行ったら、
(一応出てない人をピックアップする為)
去年の9月15日に岩崎宏美とスタレビが出ていて、
しかもしかも「思秋期」「木蘭の涙」をやっていたよ。
2つとも、持ち歌(ワタクシのですよ)中でも特に想い入れのある曲なのに。
しまった~。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-02 23:57 | 音楽

小さな空


「早くテレビテレビ、アカペラよ~」
実家のお風呂場の脱衣場で、湯上りの所に、母の声が聞こえてくる。
あわてて、拭いて、最低限の格好でリビングへ。

画面には20人位の混声合唱団が映っている。アカペラだ。
武満徹の「小さな空」を歌い始めた。
(NHK TV BSハイビジョン 「叙情歌大全集」
 2006年1月9日(月)20:00-22:00)

こよなく優しい世界が広がる。
無伴奏。人の声だけ。その優しさ力強さ。
詩の景色のせつなさが、すとんと胸に響いてくる。

美しいハーモニーを聴くといつも鳥肌がたつ。
ひさしぶりの激しい鳥肌。

以前から、彼らの名前だけは知っていたけれど、
初聴きが大好きな「小さな空」とは‥。
ハモリの神様に今日も感謝。

ザ・タローシンガーズ

こんど、聴きに行こうっと。

[PR]
by kinochanoma | 2006-01-09 23:57 | 音楽