ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

カテゴリ:木の茶の間輪とは?( 2 )

駅から輪まで

〒630-8113 奈良市法蓮町1232
固定電話ナシ。駐車場ナシ。
営業は週末だけ‥。

お客様は、チラシを見て来られる方。
口コミで来られる方。
そして、偶然通りかかった方。

この場所でお客様を待っていると、どの方との出会いも奇跡に思えてきます‥。
店の前、人通りはほとんどナシ。

奈良に来て判ったことのひとつ。奈良は狭し、されど法蓮町は広し!
住所だけでは、まず、場所の特定は出来ないでしょうから、近鉄奈良駅から徒歩の場合のシミュレーションを‥。

近鉄奈良駅、東改札口を出て、前方左側にスターバックスを確認。
その前を通り抜け、「県庁方面」と書いてある出口の階段を昇ります。

地上に出ると、左の上の方に「ひがしむききた」と書いてある商店街の入り口のアーチが見えます。
そこへ入って下さい。東向北商店街(アーケードなし)を直進します。
すると途中で花芝商店街に変わってます。かまわず直進いたします。
突き当たりは花屋さん。

そこを右折です。
右手にある、「かつを節」屋に驚きつつ、次の辻を左折です。
ゆるい下りの道に出ます。右手に古道具屋が見えます。
その道が、奈良女子大正門前の道。
正門から女子大をながめつつ通過。(正面建物が実に素晴らしい。重文です。)
信号のある交差点をそのまま直進。
ここらへんから住宅街になります。
左手に「佐保川温泉」というお風呂屋さんがあります。
このあたり、道がゆるいカーブで見通し悪いですがそのまま直進。
T字路に突き当たるので、そこを左折して下さい。

突き当たった道が、一条通り。
狭いが交通量が多いのです。車に気をつけて‥。
すぐに小さな川の橋を渡ります。その川が佐保川。万葉集にも出て来ます。
その右手に聖武天皇の御陵の入り口が。緑がとても綺麗。
そのまま進んでいくと、角に「輪」の立て看板が!
(この看板は金曜午後から日曜午後3時まで出してます)

立て看板を右折して下さい。
しばらく歩くと左手に、ベージュののれんがかかってます。
そこが「輪」です。
駅からだいたい18分。お疲れさまでした。
ただ、最初は商店街、次に女子大、静かな住宅街に、天皇陵入り口‥と
普段着の奈良の見所がそれなりに。なかなか、歩いて楽しい道です。(と思ってる)
駅をはさんで反対側は「観光地奈良」ですが、こちらは生活感、季節感を豊かに感じます。

奈良駅から北は今、「きたまち」という くくりで、少~しずつ、注目をされて来ています。
駅から「輪」に来るまでのエリアには、個性的かつ落ち着ける店が何軒もあります。
ならまちの賑わいがうその様に静かですが、「そこが良い」と言ってくれるお客さんも‥。

あなたのお越しをお待ちしています。
[PR]
by kinochanoma | 2005-01-01 23:50 | 木の茶の間輪とは?

きのちゃのま りん

さあ、どうぞこちらからお入り下さい。
f0033836_23441067.jpg

ここは聖武天皇の御陵や佐保路佐紀路にもほど近い、静かな奈良市法蓮町の古い長屋のとある一室です。

欅・栃・桂をはじめとする様々な天然木の一枚板を販売しています。
それらの材料を活かした座卓などの家具も展示し、素材と製品の両方に実際に触れていただける様にしています。

古い長屋のたたずまいと、天然木の家具、レトロな小物やインテリア、そして美しく興味深いかずたくさんの
雑誌や書籍(漫画もありますよ)。

さあ、どうぞ靴を脱いでおあがり下さい。
和の空間でくつろいでいただける様、お茶の用意もございます。
ちょっと不便で判りにくい場所にありますのでお時間が許す限り、ごゆるりとお過ごし下さいませ。

木担当のヒゲ面と茶担当の丸顔がお待ちしています‥。

[PR]
by kinochanoma | 2005-01-01 00:00 | 木の茶の間輪とは?