ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

奈良の夜(平日バージョン)

今日はほぼ定時ダッシュに成功。
奈良には19:05頃帰着‥(この時間はたいてい残業中だな)

 いまじん
 石鹸シャンプーとリンス購入。
 ココナッツオイルの固形石鹸とセール品のインド製手ぬぐいも。
 お正月明けから世の中ではセールだソルドだバーゲンだとにぎやかでしたが、
 そんなところにはトンと縁が遠のいており(昔は燃えてた)
 今シーズン初めて手に入れた、セール品。
 日本手ぬぐいとはまた違って、生地がごっつしっかりしてるわ、この天竺てぬぐい。 

 ごはん芽屋
 お肉の定食か、お魚の定食か‥近鉄電車にゆられながらハムレット状態。
 結局、小さい声でオーダー「大きな定食下さい」
 「最近、ときどき大門市場で男性の方をお見かけしますよ」
 ヒゲさん、見かけられてるって‥。
 「平日のアンテナショップと称してるんですが‥」これも小さな声。
 「おお、それはいいですね~(笑)」「そうでしょ(大笑)」

 お店に入るときに、女性2人連れがすでにいらしてました。
 ワタクシの後、お1人、お2人、お2人‥。おお、すごいぞ。

 『クウネル』を読みます。『クウネル』は芽屋さんで読むと決めてます。
 「大きな定食」登場。丁寧にゆっくりいただきます。
 白味噌のお味噌汁が相変わらず美味しい。しみます。
 ヒゲさんは赤味噌地区で生まれ育ったので、白味噌は受け付けない。
 なのに以前「‥これは‥これはうまいわ‥」とつぶやいたのを聞き逃さなかったぞ!
 そんなコトを思い出しながら、味わいながらいただく。
 そして、なんだか悲しくなった。普段のコンビニ頼みのチープな食事。 
 節分立春が過ぎたらちゃんとご飯を家で食べよう。
 とにかく具沢山のお味噌汁を作ろう‥。あとは納豆でいいから。
 
 会計の時に、「あの‥2月から少し夜の時間の営業を休もうと思っていてですね」
 「はい、知ってます。だから今日来ました!」
 ワタクシの言葉に、すぐ近くのカップルも同意のうなずき。
 「あ、だから、こんなに人がいるの?ウチに~」
 店中が暖かい笑いに包まれる。
 「あの、夜時間の営業はしばらくしたらまた始めますから‥」
 「うれしいです。是非そうしてくださいね。この後、こちらと同じように混んでるはずのDjangoさんに行く
  んですよ。あちらも明日からしばしお休みだから‥」
 すると先ほどのすぐ近くのカップルが
 「うわ、同じルートだ、この後行くんですよ!」
 同じコトを考える方がいらっしゃるもんです。
 ごちそうさまでした。

Django
 やはり、お店にお客さんがおられ、店主のMさんとお話が盛り上がっています。

 すでに店内のCD棚はかなり隙間が‥。
 閉店を発表されてから、その事を惜しむお客様が津波のように押し寄せ、
 気持ちをお買い物するコトで表現する訳ですね(ワタクシもその1人‥)
 限りなく閉店に近い‥とも一時期おっしゃってたのに、
 一時休業にスタンスを変えられたようです。

 とはいえ、厳しい状況であることには変わらないのですから、これからも
 コンスタントにお付き合いして行きたいものです。
 (と、不肖ワタクシ1人がそう思ってもしょうがないのですが‥。
 そのように思った人がMさんが心から驚くほどおられたようです)
 
 お疲れさまでした。また、お目にかかりましょう。
 
 今日は3枚購入。
 また、改めて聴いたら感想などをここでご紹介します。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-31 21:34 | 平日

大人の寺子屋 法蓮サロン 第4回

法蓮サロン 第4回

語り手 山村流 山村若女さん 
2006年1月28日

色々と不手際はありましたが、
お蔭様をもちまして、なんとか終了。
みなさまありがとうございました。
そして若女さん。言葉で表せないくらいの感謝を捧げます。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-28 23:46 | 大人の寺子屋

中村屋!

いよっ中村屋っ!

こんなん↑見つけました。
スーパー中村屋の看板を見かけたら、思い出してしまいそう…。
抱腹絶倒。乞御期待。とにかくクリックしてみてみ。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-25 12:13 | 芸能

2軒の炭水化物屋in住之江区


#1軒目#
朝、会社にお掃除に来て下さってる、Sさんがワタクシを見るなり
近寄ってささやきました‥。
「あのネ、うちの近所の酒屋の娘さんが、家でパン屋をはじめはったんよ。
普通のウチで手書きの看板が出てたら営業中‥。
ぱっと見てお店に見えないんよ。こっからだと歩いてすぐ。
ナントカ酵母でやってるんだって、よかったら行ったって~。」
な、なんとな~!?

昼休み、後輩のコ2人と連れ立って行きました。
こんなトコにほんとにあるのかあ?なにせ殺風景な場所です。
すると「天然酵母 空豆」という、ダンボールに手描きの看板(らしきもの)が
普通の民家の壁に貼り付いているではありませんか。

引き戸を開けるとそこには、いい香りの小さな空間が‥。
小さなショーケースには焼きたてのパンが並んでます。
若いパン屋さんは「アサヒスーパードライ」のエプロンをかけて、
突然のカシマシ娘の来襲に目を白黒。
「いつからはじめはったん?ホームページやブログは?
チラシやショップカードあるんやったら、会社にもらって帰るよ~」

ワタクシたち(主にワタクシの)マシンガントークにたじたじです。
はじめてまだ2週間で、HPもブログも作らず、チラシなどを作るひまもなく、
必死でただひたすらパンを焼いているとこだそうです。

帰り道、うれしくてうれしくて。
会社の周りは、奈良の街とは正反対。
どんよりした空気に大きな車、街路樹の汚れっぷりったら悲しくなるほどです。
そんなトコロによくぞこんな愛らしいパン屋さんが‥と、感激しちゃいました。
(Sさんから話を聞いたときは、驚きつつ半信半疑でした。そんな環境です。)

会社に戻って、ひとくちかじって3人同時に「美味し~いっ!」
天然酵母特有の風味と食感、素朴で力強い美味しさです。
フォカッチャ2種類とくるみパン、大切に味わっていただきました。

#2軒目#
こちらは、会社の最寄り駅ちかくにある、おにぎり屋さん。
その名も「おにぎり山」
カウンターでのイートインとお持ち帰りの小さなお店です。

お米がイイ、海苔がイイ、そして具がイイの3拍子。

ご飯は炊きたてをめざしているので、いつもギリギリのところで勝負されてます。
「ご飯が炊き上がるまで、あと20分。ほんとにほんとに、ごめんなさいっ!!」
という事も何度も通う中、1回だけですがありました。
注文を聞いてから、あつあつのご飯で、ひとつひとつ丁寧に作ってらっしゃいます。

海苔は香りがよくって、出来立てすぐでぱりっとしてても、
しばらくしてしっとりしても、どっちでも美味しいのです!

そして具は大体30種類。最近また増えたかしら?
その中でも、ワタクシが絶対的圧倒的に好きなのが[納豆チーズ]
いつも、[納豆チーズ]と、もひとつ何にしようかな‥と悩んでいます。
([梅干]とのカップリングが多いですが)
納豆とチーズのハーモニーは想像を超えた美味しさ。
なのに、皆、そのハーモニーには心ひかれないらしく、
店内に掲示されている、毎月の人気の具ランキングに入ったためしがないのであります‥。

バンダナもきりりと若い女性3人で切り盛りされてます。
3人とも、明るくすがすがしく元気よく、今日も笑顔でおにぎりを握っています。



‥西区から事務所が移転してすぐの頃は、
周囲のあまりの殺風景さに、正直しおれることもありました。
近所のコンビニもやたら軍手や荷造りロープなどが充実していて、
昔一緒に働いていた後輩女子が「ココは男のコンビニや‥」と悲しそうにつぶやいたのを、
今でもはっきり憶えています。

でも、今は、可愛いパン屋さんと元気なおにぎり屋さんが
会社の近くに出来て、ココロと胃袋が喜んでいます。

会社の周囲も悪くないって思える喜びがやっと‥。(しみじみ)

[PR]
by kinochanoma | 2006-01-24 23:30 | 平日

センター試験

ここ何年か、新聞紙上に掲載されている。
センター試験の国語と日本史Bを一応やっています。
(一応というのは、時間を計ったりなどしていないので。)

だめだなあ‥。
両方とも丁度半分のちょっと上。
国語は現代文はまあいいでしょう。あとはダメ。
日本史にはムラがある。
だめだなあ‥。

でも、これからちょっとずつでも良くなっていくってのも、いいかもね。
当方、れっきとした中年です。
頑張るのだ。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-22 23:33

木曜日は

『週刊モーニング』です。

なんと創刊号からほぼかかさず読んでいます。
創刊号の頃は「ホワッツマイケル」というネコマンガに夢中。
連載終了後もず~っと木曜朝はモーニングを買って、
行きの通勤電車で読むのが習慣です。今も。

現在、一番のお気に入りは…
「とりぱん」とりのなん子
今度は、トリマンガ。

これを読んでから、奈良女子大や聖武天皇陵あたりで、
ぴちゅぴちゅ鳴いている鳥が気になって気になって。

まだ、単行本化はこれからなのですが、
首を長~くして一冊の本になるのを待っている状態です。
週刊誌から切り取ろうかと思ったくらい好き!

今朝は寝坊のため、まだ、買って読んでないのです。
帰りの電車の楽しみです。


[PR]
by kinochanoma | 2006-01-19 12:37 | 平日

校歌ではなく学歌。

送られてきた大学通信に、学歌が掲載されていました。

「奈良の京(みやこ)の西辺(にしほとり)~」
学歌制定当時(昭和54年)は歌詞の通りの場所でしたが、その後現キャンパスに移転したため、西辺ではなくなってしまいました‥と解説がありました。

ワタクシの目を引いたのは次のくだり‥
「~若き命を育めば~」
何を思ったかお分かりですね。
通信制平成17年度入学生。男女合わせた、平均年齢49.4歳です。
もう、充分育んじゃってます。(ええ、もちろんワタクシも‥)

作詞:前川佐美雄氏(奈良出身、吉野に生まれ、長く奈良市に在住)
作曲:平井康三郎氏(高知出身、「平城山」の作曲者)

あら、ワタクシの出身高校の校歌の作曲者と同じだわ!
とwebで調べたところ、この方、あちこちの学校の校歌の作曲をされています。

あ~っなんと偶然!
今、奈良TVのローカルニュースで大宇陀小学校の校歌が紹介されています。
作詞作曲者のペアーが大学と全く一緒です。
子供たち可愛い~。大きな口をあけて歌ってますよ。

入学式に出たら学歌を聴けたのに‥。
ちょっと残念。
入学式の日は 木の茶の間 輪 のオープンの日でありました。


↓「風の中の小鳥」こちらのエントリーもあわせてご覧下さい。
大学通信に
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-12 22:09

犠牲

ワタクシはひどい近視です。

実家で目覚め、布団から起き上がり、一足踏み出した、その、その足の下に、マイ眼鏡が‥。
バリリンという音と、足裏から伝わる衝撃。
動けない。身動きとれない。

あ~っ、頭を抱えて、しゃがみこむ。
勇気をだして、手に取り見る。
粉砕。
自分の足で。自分の眼を。

会社のロッカーに予備はある。以前に踏んでひしゃげてるのが。
とにかく裸眼で出勤。おおこわ‥。

ひしゃげ眼鏡をむりやり復元させ(それでも変)かける。
デスクで最初にする事。
「今日の○○座の運勢」チェック。
(実は気にするタイプなのか?)
ああ、最低‥☆ひとつ。(最高は5個)

そのうちに、連休明けの大波に飲み込まれ、眼鏡事件も忘れ、はたらくはたらく。

仕事を終えて思った事。
「今日は、トラブルの火種がいつもより一杯あったのに、全て大したことにならなかったな‥。」
ああ、最低の運勢の一日を朝一番の眼鏡バりリンが救ってくれたのか?
いけにえ?

ありがとう。眼鏡さん。
無印良品であつらえた、お気に入りだったのにね。
そのうちに、この無傷なレンズでフレームだけ購入して復活させるね。

‥予備はあと3つ。
今日かけた「ひしゃげ眼鏡」
何を思って買ったのかオレンジ色のフレーム「芸人眼鏡」
フレームは普通なのに「色付きレンズ眼鏡」
あかんや~ん。

当分はコンタクト。
ワタクシはひどい近視です。
ワタクシは眼鏡が好きなんです!
(だったら踏むな!!!)

さて、こんなワタクシは何座でしょうか?
正解の方には何かごほうびを。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-10 23:16 | 平日

小さな空


「早くテレビテレビ、アカペラよ~」
実家のお風呂場の脱衣場で、湯上りの所に、母の声が聞こえてくる。
あわてて、拭いて、最低限の格好でリビングへ。

画面には20人位の混声合唱団が映っている。アカペラだ。
武満徹の「小さな空」を歌い始めた。
(NHK TV BSハイビジョン 「叙情歌大全集」
 2006年1月9日(月)20:00-22:00)

こよなく優しい世界が広がる。
無伴奏。人の声だけ。その優しさ力強さ。
詩の景色のせつなさが、すとんと胸に響いてくる。

美しいハーモニーを聴くといつも鳥肌がたつ。
ひさしぶりの激しい鳥肌。

以前から、彼らの名前だけは知っていたけれど、
初聴きが大好きな「小さな空」とは‥。
ハモリの神様に今日も感謝。

ザ・タローシンガーズ

こんど、聴きに行こうっと。

[PR]
by kinochanoma | 2006-01-09 23:57 | 音楽

3軒のパン屋さん

木の茶の間 輪 は曜日に忠実な営業です。
‥という訳で、祝日は貴重なお出かけ日。

奈良の某所に銘木を売ってるトコロあり‥という情報を得たので、相方ヒゲ氏とドライブです。
タイヤはもちろんスタッドレス。
ワタクシは永遠のゴールド免許を持って、指定席(=助手席)です。

まず、大和郡山の豆パン屋アポロを目指します。あのアポロです。
輪に来店の乙女らが目をウルウルさせて口々に絶賛するアポロさん。
ところが、あなどれないのは城下町。
こちとら条里制の名残の奈良市街に慣れているもんだから、ご城下の道は容易に近寄れません。
(どっさり木を買い込むことを考えて大きいほうの車なんだな~これがまた。)
もともと、駅から徒歩で行くほうがよいお店なので、改めて自転車&JRでチャレンジ決定!残念!

そして、通り道の大宇陀にさしかかった時にひらめいた。
「ここにも何かいい感じのパン屋さんがあったはず!」
お店の名前も思い出せないけど、大宇陀の古い街並みの中にあるって雑誌(それはSAVVY?)で見た。
ありました。パン屋きんぞう
お店の構えがイイ感じ。
10時開店チョイ前にたどりついたものの、「さあこれから開店です」って雰囲気が皆無‥。
「お~い。きんぞうさ~ん!」と扉を叩きたいものの、先を急ぐので、撤退決定!無念!

そして、大宇陀の道の駅へ。
草もちや柿の葉ずしの横にさりげなく黒めのパンがごろりと置いてある。
パン工房のら (石窯、天然酵母)」という手書きのチラシと共に‥。
ありがとう、のら。美味しゅうございました、のら。
食べたのはライ麦全粒粉各15%の「いちじく&ナッツのパン」と
きび砂糖使用の「バナナとくるみのパウンドケーキ」でした。
ワタクシのハートに芽生えた「パン心」も納得し、収まったようでございます。

‥ここまで、読まれた方は、ワタクシの事を大のパン好きだと思われたかもしれませんが、
実はそういう訳ではないんです。
ヒゲ氏がパン好きで、ワタクシは炭水化物好き(ご飯=麺類>粉もん>パン)です。
影響を受けてかな~りパン好きになりましたが、炭水化物ランキングは一応不動です。

さて、肝心の目的の銘木ですが、今回は季節的な要因もあり空振り‥。
以前からこういう事も多いので、いつも覚悟は出来ています。
中々、「輪好み」の銘木たちにめぐり合うのは難しいのであります。
数年前からヒゲ&丸は木を探して旅をしています。
空振りの方が圧倒的に多いので、途中の景色や地域の味や温泉などを楽しみにウロウロしている訳なのでありました。

そして、出来た法則が一つ。
「大きい方の車は収穫が少ない。」
以前に一度だけ、鼻息荒く、トラックを借りた事があったのですが、その時の大空振りっぷりは二人の間ではいまだに語り草になっています‥。
[PR]
by kinochanoma | 2006-01-09 23:37 | 祝日