ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

マニュアルって素晴しい!?

ひとカラってご存知ですか?
一人でカラオケ行くことです。
(たぶん[BOX]なんだろうな‥、[スナック]じゃ「ひとカラ」の語感が違う)

はい、ワタクシ基本的に昔から行動単位がおひとりさまなので、
(小学校高学年で「駅そば」平気でしたもん。←自慢になるのかコレ?)
ひとカラ、年に2回程度の頻度で楽しんでいます。

どんな時に行くかというと、
「仕事でとことん疲れ果てたとき」
です。

今回もそうでした。
ジャンカラです。近鉄奈良駅 行基噴水横。

「30分一人行けますか?」と受付で。
バイト女子「ハイ、ダイジョブデス。コチラニ、ゴキニュウヲ!」
氏名年齢電話番号‥。
え~白状します。ココ何年かずっと38歳で~す。
あ、定期券はちゃんとしてますよ。


そして、きっちり30分熱唱!

帰りに受付で
バイト男子「○○サマデスネ?アリガトーゴザイマス。ガクセイノカタハ、ガクセイショウヲミセテモラエマスカ?」

え、ええ~?
え?
なんとなーー?

「アンタ~アタシのこと知ってんの?」って口まで出掛かりましたが、
あまりのマニュアル口調にバイト教育の徹底さを瞬時に感じ、
「はい、今出します」と笑いをこらえて、チラリと見せました。

受付票に38って書いたのに。
多少童顔そして坊ちゃん刈りではありますが、
だれが見たってヨレヨレの疲れた中年女なのに。
しかも、蛍光灯ピカピカの明るい場所なのに。

ありがとうバイト君。
おかげでとっても元気が出ましたよ。

でもね、君がワタクシの会社の後輩だったら、即説教やで!


追記:説教はマニュアル口調に関してだけです。
    中年熟年老年に学生証の有無を確認するのは、このご時世、悪いことじゃない。
    でもちょっと一工夫が必要やね。
    手描きのイラストでも受付のところに貼っとく?
    <社会人学生などの方にも学割でお楽しみいただけます☆学生証のご提示を!>
    とかね。
    そして、「もしお持ちなら見せていただくと学割料金になりますよ?」
    とイラストを指し示しながら微笑みながらさりげなく感じよく言うのよ‥。
    さあ、言ってみてみ~!
    
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-09 12:39 | 平日

クイックマッサージに望む事

「上半身30分コースお願いします。」

地下鉄なんば駅、近鉄難波駅の近くの地下街。
ワタクシの残業代はこうやって消えます。

指名システムもない安直なチェーン店。
でも、今夜の担当は何回かあたったことのある人。
大変上手な人です。大当たり。うれしいです。

さて、お願い。
コースも夢心地に終わった今、
右の肩甲骨のあたりにこの「暖かサロンパス(のようなもの)」
貼ってもらえたら最高なんですけどね。
だめですかね。
手が届かないんですよ‥。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-08 23:28 | 平日

アンサンブル・プラネタ

行って来ました。大阪ブルーノート。

奈良アカペラ通信で情報を得て、先週電話を入れ席を確保していました。
しかし、日曜日にちょっと落ち込む出来事があり、
月曜日とてもライブにお出かけする心境ではありませんでした。
当日、キャンセルしなきゃ~と思いつつ、仕事がバタバタしてタイミングを逸し、
昼間忙しかった割には案外あっさり会社を退出できそうな状況。

‥行くっきゃないのかな~。
と、足取り重く大阪市営地下鉄四ツ橋線にゆられ、西梅田へ。

   α-STATION×OSAKA Blue Note presents「KYOTO STYLE NIGHT」

   ☆声という最高の楽器を携え、各地で賞賛を受けている
   クラシックアカペラグループ"アンサンブル・プラネタ"
   ☆1200年の歴史を誇る京都の声といえば
   この方達をおいては考えられない"茂山狂言会"
   ☆ヒーリングの女王"スーザン・オズボーン"と若きジャズピアニスト
   "木原健太郎"のユニットとの画期的コラボレーション!!
   日時 : 2006年2月6日(月) 
   1st Stage 17:30開場 18:30開演
   2ndStage 20:30開場 21:30開演
   出演者 : アンサンブル・プラネタ/茂山狂言会(茂山千三郎他)/
   スーザン・オズボーン&木原健太郎

よかったんですよ、コレが。
本当に行ってよかった。

え~アカペラに絞って感想をのべますね。
アンサンブル・プラネタのCDはほとんど持っていまして、
「輪」でBGMに流しておりました。
‥BGMとしては最高!だけどライブではどうかしら?
という先入観が実はあったのです。

ところが!ところが!
実にエモーショナルで心に届いてくる響いてくる歌心。
1曲目は客席も彼女たちも正直暖まってないな~という感想でしたが、
2曲目以降、どんどんその世界に引き込まれる。
CDで聴くよりずっとずっと情感ゆたかで実に暖かい。
ハーモニーの美しさは想像通りだったのですが、
主にリードを取られる方の歌い口の素敵さにすっかり参ってしまいました。
唯一のアルトさんもカッコイイ!
(現金なものでその後CDを聴くと彼女たちの歌う姿がよみがえり、
 グッと迫ってくるのですねこれが‥←不純?)

JAZZのライブハウス(しかも老舗で超メジャー)でクラシカルなアカペラ。
素敵な月曜日の夜になりました。

これからのスケジュールを見ると、大阪ブルーノートに今年もマンハッタントランスファーが
来るそうです。
また、行きましょうヒゲさん!
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-06 23:58 | 音楽

気分は純一郎♪

朝一番、散髪に行った。(坊ちゃん刈風なので表現はあくまで「散髪」)
一条通りに面した「パーマみよし」
ここをひいきにしてるのは、近い安いそして顔そりOK。
理容美容のダブル免許だから、顔も首もゾリゾリ剃ってもらえます。

この日はBGMはオールX JAPAN
(いつもはオール河村隆一が多いの)
こんなにたっぷりXを聴いたのははじめて。
おなかいっぱいごちそうさま。
レトロな雰囲気にナウイ曲。なかなかです。
(なかなかの理由:自分じゃ聴かない)

そういえば、ヒイキの焼鳥屋「CaShiWa」(かしわ、と読むはず)
BGMの7割がエルビス・プレスリー。
あとの2割はビートルズ。残りの1割わかんない。
必ずオーダーするのが「ねぎまの塩」「しそ巻き」
とても美味しいです。
ヒゲさんがあまり鶏をお好きでないので、ワタクシ専用のボトルあり。
ラブミーテンダー焼き鳥はし・お・が・ヨイ~♪(←あの、替え歌ですよコレ。念の為。)

カテゴリが音楽なのに、なんだかとっても「食べ物」系。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-05 23:36 | 音楽

音楽夢くらぶ

今、NHKの「音楽夢くらぶ」を観てました。
今夜の歌い手さんは、徳永英明 と 一青窈(ひととよう)。

彼女のヒットチューン「はなみずき」を二人で歌ってました。
ハーモニーの部分が絶妙。
そしてユニゾンも美しい。
全く違う声質だけど、ひととさんがハモることをよ~く知ってるからかしら。
(これって先入観?)
声が寄り添ってる‥印象でした。

徳永英明の「壊れかけのRADIO」「耀きながら」
CDを買ったりしなくても、街でしょっちゅう流れてた。
自然と憶えちゃうくらいに。
ワタクシこの頃、何してたんだっけ‥?
思い出したいような。思い出したくないような。

うわ~、来週は 来生たかお と 白鳥英美子。
この番組って作り手がワタクシと同世代?
まさにツボにはまりますね。

そうだな、この番組で観てみたい歌手ってたとえば。
(あえてアカペラをはずすと)
長谷川きよし、南佳孝、峠恵子、川江美奈子あたりでしょうか。

あ~ショック。
今、観てみたい歌手を選ぶのに番組公式サイトに行ったら、
(一応出てない人をピックアップする為)
去年の9月15日に岩崎宏美とスタレビが出ていて、
しかもしかも「思秋期」「木蘭の涙」をやっていたよ。
2つとも、持ち歌(ワタクシのですよ)中でも特に想い入れのある曲なのに。
しまった~。
[PR]
by kinochanoma | 2006-02-02 23:57 | 音楽