ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スピリチュアル

帰宅の通勤電車で週刊朝日を読む。

眠い目でナナメ読みしていたのだが、
一つの記事を何度も読みかえします。

表紙には
新春2大インタビュー
鏡リュウジ&細木数子
とあります。

ワタクシの高校の大先輩をだまくらかして籍を入れた、(後に婚姻無効が成立)
テレビに出ずっぱりの人の記事は紙のムダ、時間のムダ。

占星術師の記事だって、テキトウに読むつもりだったのだが、
ものすごく共感でする箇所があったので、
書留めておきます。

占星術研究家 鏡リュウジが語る
「スピリチュアル・ブーム ここがおかしい」

人気占星術研究家であり、このスピリチュアル・ブームの火付け役のひとりでもある彼が、
違和感を吐露し、苦言を呈しています。

以下『 』内は週刊朝日2007.1.5-12合併号からの引用となります。
『スピリチュアル・ブームのあおりで、女性誌では最近、「パワースポット巡り」の特集をよく目にします。パワースポットに行って「2千年前の人と同じ感覚を味わえた」という感慨に浸り、そういった想像を思い巡らすことは確かに楽しいことです。何となく感動もあじわうことができます。でもそれはスピリチュアルを感じることではないんです。
私たちは常に時代の申し子です。社会制度を含む、周りの環境はそれぞれ異なります。だから、まったく同じ感覚を味わうことは不可能です。それでも何かを感じ取れる力が、スピリチュアルな想像力だと思います。その想像力をかき立てるために、土地の由来や歴史を学ぶことが重要であり、また、楽しいことだと思うのですが、みなさんなかなかそういう方向には考えが向かないんですね。』

この箇所を車内で読んだときに、眠気も吹っ飛びました。
想像力をさらにかき立てるために、学んでいるのよ。
そしてそれが楽しいのよ。(でも大変だけど)
そうなのよ、鏡さん!

ただ、この部分が彼の強調したいことではないようです。
彼がもっとも主張したいのは、
‥最近安直に「家族を大切にしろ」などとその筋の人が発言し、
「あの人はイイコト言うひとだ」と安直に受け入れられている。
このようなシンプルなメッセージはもちろん大切なことだけど、
たとえば今の形態の家父長的な家族モデルは明治期に出来上がったものと言えるのではないか。
その歴史的事実を踏まえずに、知らずに、家族を大切にすることがあたかも、
「宇宙の法則」であるといわれて、さも普遍的な規律のように権威付けられてしまう。
その結果、スピリチュアルな発言が「伝統的」な道徳を何も考えずに肯定することにつながる危うさを感じる‥。
世の中全体が保守化している中で、本来は世の中のアンチテーゼな面も有していた
「スピリチュアルな世界」までもがその流れに与しているように感じることがある。
これがとても違和を感じさせる‥

引用した部分がワタクシが共感した部分。
要約した部分が彼が特に訴えかけたかった部分。
(あ~引用と要約を逆にしたほうがよかったかな‥)
鏡さん大胆で良心的で合理的でリベラルな方のようです。
マスコミにもしょっちゅう出ている世の中の超人気者の3人程を敵に回すようなことを
この雑誌でおっしゃっていますね。

この占星術研究家のことを、ワタクシ人気星占い師と思っていましたが、
本物の研究者でらっしゃるようです。

歴史を学ぶ視点に共感し、
彼の主張に勇気を感じ取ったワタクシは
この人に未来を占って欲しいと少し思ってしまいました。
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-28 23:47 | 雑記

クリスマス

今日は会社。
朝から会社。

出社して、大忙し。
フル回転。
常に小走り。
スクーリング断念は正解。
これがヒマだったら、たまらない。

夜8時頃に、お客様から差し入れのケーキをパクつく。
忙しいときに、ホールのケーキをいただいても、
おやつどき(午後3時頃?)に
切り分ける時間、配る時間、後片付けする時間がない。
あ、食べる時間だけはありますよ~。
(ホールもの、竿もの(ようかんなど)をいただくと、
どうしよう‥と狼狽しちゃうのが正直なトコです)

お客さんへの手土産を相談されると必ず言う。
「個包装で机の上に気軽に配れるもの。
ナイフだのお皿だのフォークが要らないようにしてあげて」

それでも昔はもっともっと余裕があって、
鏡開きだといってはおぜんざいを炊いたり、
大きなスイカの表面を彫刻しながら切り分けたり、
色々のんきなころもあったのになあ。
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-25 23:51 | 平日

クリスマス・イブ

☆写真を2枚アップしました‥(12/29)

今日は朝から風もなく、
お天気の良いクリスマス・イブ。
前日、宴だったので少々寝坊をして、
ゆっくり朝ごはんをいただいて、
平城京跡に遊びに行くことにいたしました。

夜の散歩で前を通ったことのある、平城宮跡資料館
無料とは存じませんでした。
今回初めて入ります。
展示物を興味深くゆっくり見て歩きます。

そうこうするうち、団体さんがぞろぞろとやってくるではありませんか!
奈良観光のバス3台分だそうです。
聞いてみると奈良大学の文化財歴史学科という通信制のスクーリングの学外授業だそうです。
新進気鋭の万葉学者、上野誠先生の「神話伝承論」。
これは何と面白そう。
色々解説もされているみたいだし。
通信制だけあって学生さんもワタクシと同世代やあるいはちょっと上の感じ。
紛れ込んで、先生のお話を聞いちゃおうっと!

…とまあ、こんな感じで潜入した訳です。続きはポチッとね☆
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-24 21:00

クリスマス・イブ・イブ

今日は忘年会でした。
近所の友人達との内輪の忘年会。
出席者は北袋町と手貝町のひとびと。
遅れてきたのは東笹鉾町。

会場は猿沢池近く元林院のいづみ。
無理を言って二階の座敷を使わせていただきました。
金と銀の大胆な配色のふすまや、内装の細かいところに、
花街の香りがいたします。

お料理はいつもの、家庭料理の延長ではあるものの、
ひとひねりもふたひねりもしたどれもこれも美味しいものばかり。
宴会はお鍋や会席もいいですが、
大皿料理で取り分けながらも楽しいものです。

謡も飛び出し、宴は盛り上がります。
ああいう所で聴く謡はいいねえ。
こんどはビオラや是非テルミンもお願いしたいものです。

スクーリングキャンセルの悔しさを吹き飛ばす、
すてきな寄り合いでした。
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-23 23:59 | 週末

断念無念

23~25の上野先生の「神話伝承論」
キャンセル決定…。
む~ん。←言葉にならない…。
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-20 12:07

春日若宮おん祭 初宮詣

春日若宮おん祭←まずはこちらに目を通すべし。
若宮様の一日の中のルートマップもご参照下さい。

奈良女子大正門斜め向かいの鍋屋町に春日大社の末社があります。
初宮神社。
ここでおん祭の神事の一つである「初宮詣」(田楽座一行による芸能奉納)が
12月17日午前10時から行われました。

この日、正午からはメイン神事の一つである「お渡り式」
多数の観客でにぎわう、春日大社参道とは
全く雰囲気が違う、きたまちでのお祭りです。
早朝からの雨もあがり、おだやかな休日の朝のひとこまです。

f0033836_0555248.jpg

初宮神社前に集うひとびと。
普段は女子大生や付近住民が行きかうのみ。
ちなみに「古書喫茶ちちろ」はここから徒歩1分。

f0033836_0565364.jpg

パン屋「ポポロ」前に神様達出現!
いえいえ田楽座ご一行であらせられます。
構成は赤5名緑1名。

写真多数あります‥
[PR]
by kinochanoma | 2006-12-19 00:54 | 北町