「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おかえりピナクル~よみがえる鍋屋交番

奈良女子大前の古い交番。
今年になってすぐに修繕の工事がはじまりました。
シートに覆われた小さな交番。
覗いてみたい誘惑にかられましたが、あえて我慢でとおりすぎました。

地震、台風、爆弾低気圧。
そのたびにはらはらどきどき。
そんな日々とも、もうお別れです。

2012年7月1日 日曜日 10時に
旧鍋屋交番 きたまち案内所 としてオープンいたします。

その日以降は水曜日のお休みを除き、
10時~16時 開所しています。
建物のなかには、駐在さんと呼ばれるボランティアのかたがたが詰めるのです。

単なる観光案内所ではありません。
近隣地域住民の心の拠り所であり、
奈良女子大学の研究拠点のひとつでもあるのです。

7月1日からは暗くなれば赤い明かりがともります。
昼間は人の気配がします。

旧鍋屋連絡所の保存活用と“奈良きたまち”のまちづくりを考える会
略称「なべかつ」はようやくこの日を迎えることができるのです。

長い間かかわってこられた建築家の増田明彦さん(西笹鉾町在住/なべかつメンバー)は
「壊されるのか、修繕保存されるのか。
周囲の人間がやっきになろうとなるまいと、
建物自体が持つ運命というのを
感じることがあるのです」
とこおっしゃっておられました。

鍋屋の交番、入り口の屋根の先端のピナクル(とんがり)。
いつしか、落ちてどこかへ行ってしまいました。
ピナクルなしの写真やスケッチも多くあります。
消しゴムはんこまでも。
けれども、今、ピナクルは輝いています。
新しい役割を誇るように。



f0033836_21332233.jpg

[PR]
by kinochanoma | 2012-06-13 21:35 | 北町