ブログトップ

木の茶の間 輪-rin- ふたたび

kinochano.exblog.jp

いよいよ2006年

本日から、木の茶の間 輪 の2006年がはじまります。
昨年4月から、奈良きたまちの一角でひっそりと始めたこの道楽。
さまざまな方との幸せな出会いがありました。
今年も素敵な出会いがあります様に。
そしてそれが木の年輪の如く広がります様に。
祈るような気持ちで新年を迎えます。

とはいえ、あいかわらずワタクシは金曜日は大阪で会社員。
法蓮町でどんな出来事が起きているのが気にしつつ、仕事に追われる一日でありました。

[PR]
# by kinochanoma | 2006-01-06 00:30 | 週末

お雑煮とお御籤

ミッション1=書初めをやっつけたら、下の方の甥っ子と奈良へ。
お兄ちゃんと妹夫婦は京都の自宅に戻ります。
オバオイ二人でお出かけには目的がある。
それはミッション2を遂行するため。
f0033836_010611.jpg


昨年暮れにワタクシのご近所の方からいただいた、東大寺二月堂の「坊雑券」2枚。
これを無駄にするのは、大仏さまが許さない。それより自分が許しがたい。
券を握りしめ、近鉄奈良駅からひたすら二月堂エリアをめざします。
下の方は幼いながら神社仏閣が好き。(お兄ちゃんもだけど)
だって、お御籤やらお守りが好きだから‥。
そして、オバオイ二人揃って食いしん坊。
「お坊様のお雑煮」に目をキラキラさせながら階段を駆け登ります。


1月3日と5日の午前10時から、二月堂では「大般若」という法要が行われますが、「坊雑券(ぼうぞうけん)」が有ると、
法要の終了後(午前11時頃)、本堂北側の「北の茶所」でお雑煮をいただけます(1時半頃まで)。‥坊雑券の解説


ミッション2=生まれて初めての坊雑体験。
それはそれは美味で貴重で思い出に残るものでした。
成年のオバは若き美僧の注いで下さる、お屠蘇までいただいたのでした。
至福のひととき。

お御籤好きのオイにつられて、町内の氏神様である手向山八幡宮で
ワタクシも筒を手にしました。
いつもなら立春を待つのですが‥。
立春で暦が改まると思っているので。

社務所や寺務所の前を通るたびに、
「ね~おばちゃんはなんでお御籤ひかないの?」
「ボクね、今年にはいってから全部大吉だよ!」
何度、ワタクシに向かって訴えかけるのだい?
あのね甥っ子よ。君はお御籤引きすぎだよ。
あ~そんな目をするなよう。
ワタクシのを読みたいのだね。わかりました。わかりましたよ。

第九番 末吉
かすみたつ 春の山べは 遠けれど 吹きくる風は 花の香ぞする
ああ、なんて素敵に優雅なお御籤なんでしょう。
各項目もありがたいお言葉が並んでおりました。

その後は、春日大社の神苑で和太鼓の奉納を堪能し、
本殿でお兄ちゃんのためのお守りを授与していただき、
ささやきの小道で鹿とたわむれ、高畑でお茶(ぜんざいとパフェ)を楽しむ。
奈良観光の王道を歩き回った半日。
ささやきの小道の途中でオイの一言。
「ね~こんだけ歩いたら、なんか食べてもいいよねおばちゃん」
‥もううなずくしかないワタクシ。
その結果が中年ぜんざいと少年パフェです。
坊雑にはお餅が2個も入ってたんだぞ!

お御籤にも ○願望 後程必ず成就す とあったから、
アンタもワタクシも 後程 標準体型を目指すことといたしましょう。
後程っていつなのかしらね。
ぽっちゃり小学生とのデートはとても楽しゅうございました。
来年はお兄ちゃんも連れてこようね!

[PR]
# by kinochanoma | 2006-01-05 01:25 | 雑記

書初め

1月3日
実家(大阪府菊人形市)で両親と妹一家と揃った朝、
お屠蘇とおせち料理をいただきます。

ごちそうさまの後は、本日のミッション1にとりかかります。
甥っ子のお兄ちゃんは「伝統を守る」(小学校六年生)
下の方は「晴れた空」(小学校四年生)
素晴らしい書初めのお題でございます。

お兄ちゃんはおじいちゃん。下の方はおばちゃん(すなわちワタクシ)。
それぞれマンツーマンで手取り足取り‥。

「580円!」
墨汁の香り漂う、実家のリビングにワタクシの声が飛ぶ。
筆の軸の真ん中には600円の値札が貼ってあります。
つい鉛筆持ちをしてしまう下の方に、「筆の真ん中のちょい下を持て」という意味で
檄を飛ばしております。

無事完成「晴れた空で伝統を守る」
いえいえ「晴れた空」と「伝統を守る」
これにてミッション1は完了!
f0033836_083147.jpg


ミッション2は書初めの終了後、お出かけして取り組みました。
こちらも後ほど‥。
[PR]
# by kinochanoma | 2006-01-04 09:03 | 雑記